稚内日ロ経済交流協会

ロシア語翻訳・通訳、ロシア(主にサハリン州)に関するコンサルティング、ロシア語講座、貿易相談、ロシア関係セミナー、商談マッチング等

“サハリン-2”プロジェクトのオペレーターである“サハリンエナジー”社は日本の“東京電力へのLNG供給に対する中期協定締結に対しオブザーバー会議の承認を得た。
“サハリン-2”プロジェクトに関わるオブザーバー会議は9月28日ユジノ・サハリンスクで行なわれた。
行事にはロシア連邦エネルギー省次官セルゲーイ・クドリャショフ、同じくロシアエネルギー省、サハリン州政府、ロシア天然省、ロシア財務省の代表者とプロジェクトオペレーター会社“サハリンエナジー”の株主も参加した。
会議で2011年4月7日に行なわれた臨時オブザーバー会議の議事録が承認された。
“サハリンエナジー”は労働保護、環境と安全技術問題に関わる報告、同じくプロジェクトに関わる生産活動と作業進行についての情報も提出した。
また財務問題、2010年中の会社の年間報告、ガスの供給と“サハリン-2”プロジェクトに関わる収益産物でのロシア側の取り分の問題、“アヴィアシェリフ”社との空中輸送確保に対する承認された契約価格の増加も検討された。
“サハリンエナジー”社の営業役員会は原油とLNGの市場分析結果に関して、特にこの種の炭化水素のマーケティングに関して報告書を提出した。

ロシア連邦エネルギー省は現行の生産分与協定の枠内でのプロジェクトに関わる予算がタイミングよく(前年の終わりに)承認されるように実現するつもりであると、省での情報筋は伝えた。
現在ロシア連邦では大陸棚での“サハリン-1”と“サハリン-2”、ネネツ自治管区でのハリヤギンスコエ石油鉱区の3つのプロジェクトが動いている。
「我々は以前にあったような年が明け、承認された予算がないことにならないように毎年の終わりには来年に向けての予算を承認するように努める」と、担当者は述べた。
彼の言葉によれば、2012年の予算は12月にはすでに承認されるとのことである。
生産分与協定プロジェクトの実現過程で国家機関によるプロジェクト予算の承認遅れと鉱区開発の生産技術計画案の更新に関わる相違が再三起こった。
例えば、全権国家機関は2010年開始から2010年の“サハリン-1”の支出予算を承認することができなかった。
プロジェクトのオペレーターである“エクソン”は35億ドルの予算を求めたにもかかわらず、全権国家機関は10億ドルだけ承認しようとした。
プロジェクトの実現を監督するロシア連邦エネルギー省は“サハリン-1”実現の経済モデルは所轄官庁には不満であることを表明した。
予算は昨年の11月末にようやく27億ドルで承認された。

《ガスプロム》は地質調査作業の結果で《サハリン-3》プロジェクトの南キリンスコエ鉱区の埋蔵量が以前に認定されたガス2千6百億立方メートルから3千6百億立方メートルまでの38%の増加を見込んでいると、《ガスプロム》のガス・凝縮ガス・石油採掘局長フセヴォロト・チェレパーノフは伝えた。
「5百億から千億立方メートルまでの量の増加を期待している」と、ロシア北極圏と旧ソ連邦諸国大陸棚の石油とガス資源開発国際会議のロビーでチェレパーノフは述べた。
これはたったいま終了した作業結果で得られたとても新しい情報であることを彼は強調した。
「我々はまだ埋蔵量に関し国家委員会にデータを提出していない。
事前に量は3千6百億立方メートルまで増加した」と、彼は指摘した。
2010年9月にオホーツク海のサハリン大陸棚での《サハリン-3》プロジェクトのキリンスコエ区域で《ガスプロム》は南クリンスコエ鉱区を発見した。

ロシアは2014年まで《サハリン―ハバロフスク―ウラヂオストック》間パイプラインでの供給のために“サハリン-2”プロジェクトからガスによる鉱区使用料を受け取ることになると、プーチン首相との会談でガスホールディングの長アレクセーイ・ミレルは伝えた。
「ガスは2014年までパイプラインへの鉱区使用料の範囲で入ることになり、この量は需要者にとって十分である。
“サハリン-2”からの鉱区使用料の入金問題は解決された」とお金でなく、ガスによる鉱区使用料の受け取り問題を財務省と調整することができたのかという首相の質問に答えながら、ミレルは述べた。
“サハリンエナジー”(プロジェクトオペレーター)で“ガスプロム”は50%+1株、“シェル”は27,5%、“三井”は12,5%、“三菱”は10%の株を持っている。
A.ミレルは9月8日にウラヂオストックで行なわれる《サハリン―ハバロフスク―ウラヂオストック》間のガスパイプラインの操業始動に参加するようプーチン首相を招待した。

“サハリン-1”プロジェクトの進展と、特に、そのガス成分の将来展望をホロシャヴィン知事と“エクソン・ネフチェガス・リミテッド”社の理事長で北極地方と東カナダに関わる“エクソン・モービル・デヴェロプメント”社の副社長ヂム・ケンネット・フラッドは7月26日の会談で検討した。
“サハリン-1”プロジェクトの枠内でサハリン北東大陸棚でのチャイヴォ、オドゥプトゥ海とアルクトゥン・ダギ鉱区の採掘と開発が行なわれていることを指摘しておく。
プロジェクトのオペレーターは“エクソン・ネフチェガス・リミテッド”社である。
ホロシャヴィン知事はプロジェクトの順調な進展はサハリン経済の前進だけでなく、州予算への同社の税補充を通した地域の社会問題の担保であることを強調した。
ヂム・フラッドが伝えたところによれば、現在オドプトゥ海での石油採掘の指数は予定されたよりも50%高く、24時間でほぼ5万5千バレルになるとのことである。
ここでは9本の油井がボーリングされ、鉱区の南部での2本の油井がボーリングされている。
その開発は早いテンポでの今後の実物大の採掘のための情報を集めさせた:現存の生産能力の拡大と新しい油井のボーリングである。

“サハリン-2”プロジェクトのオペレーターである“サハリンエナジー”社による液化天然ガス(LNG)の追加供給、同じく《ガスプロム》の自己持分からのLNGの供給もまた日本の安定した電力供給の復旧と地域のエネルギー安全の強化への有力な貢献となる。
このことについて7月4日《ガスプロム》理事長アレクセーイ・ミレルとの会談過程で《三菱商事》代表取締役社長小林健は伝えた。
《ガスプロム》報道部が伝えているところによれば、会談の出席者は“サハリン-2”プロジェクト枠内での両社の相関関係の問題を討議した。
「すでに実現されたプロジェクトにより日本側は《ガスプロム》が信頼できるパートナーであることを確信した。
“サハリン-2”プロジェクトは成功したロ・日エネルギー協力のシンボルとなった」と、A・ミレルは会談の総括で指摘した。
「おそらく近いうちにロシア産天然ガスの相当な追加量が日本市場によって要求されるかもしれない。
《ガスプロム》は日本との広範な互恵協力を発展させ、十分に追加のガス需要をかなえる用意がある」。

サハリンの最も北の港モスカリヴォで夏の航行が始まった。
今年港では“サハリン-3”プロジェクトのキリンスキー鉱区での活動確保に関する作業が行なわれることになり、そのオペレーターとなるのは“ガスフロート”社である。
モスカリヴォ港がその管轄にある“サハリン・シェリフ・サービス”(3S)社報道部が伝えているところによれば、港内では浮ボーリング設備(リグ船)の計画作業確保のための貨物と資材の的確な集積が行なわれたとのことである。
キリンスキー鉱区はサハリン大陸棚の東岸にあり、モスカリヴォ港は最も効果的に海上ボーリング作業確保に関する後方支援の回路に配置されている。
この構想は3S社の専門家によって立案され、導入されたものである。
同社はすでに3回目のボーリングシーズンでこのプロジェクトに関わる“ガスフロート”社のための陸上作業を確保している。
生産的に3S社の技術的供給基地を経由してこの作業で利用される全ての貨物、資材と人員が通過している。

“ロスネフチ”は“サハリン-5”プロジェクトに関わる作業継続に関心をもっていると、巨大ロシア石油企業の副社長ガニ・ギラエフは6月22日に記者らに伝えた。
“サハリン-5”は今年資産の交換とアルクチキ大陸棚で共同作業に関する取引を実現できなかった。
“ロスネフチ”と英国の“BP”(プロジェクトでの持分はしかるべく51%と49%)の共同プロジェクトである。
“サハリン-5”プロジェクトはサハリン大陸棚の2つのライセンス鉱区(東シュミットとカイガンスコ・ヴァシュカンスキー)の探査と開発を前提としている。

ガスプロムは、申請は今のところ提出されていないにもかかわらず“サハリン-6”プロジェクト開発に関心を持っていると、6月17日“連邦地下資源利用庁”の責任者アナトーリィ・レドフスキフはペテルブルグの経済フォーラムのロビーで伝えた。
期間についての質問に答えながら、A.レドフスキフは“連邦地下資源庁”は入札実施(今年になるか、来年になるか)を早める課題を提起していないことを表明した。
“サハリン-6”の評価埋蔵量は石油6億トンになることを指摘しておく。

知事は“エクソンネフチェガスリミテッド”社の理事長と会談した。
ホロシャヴィン知事とヂム・フラッドは“サハリン-1”大陸棚プロジェクトの“ガス成分の解禁”問題を討議した。
しかるべき課題は以前プーチン首相によってサハリン州への彼の出張の過程で提起された。
この問題は現在州政府のもとで特別管理にある。
州政府はすでに長年“エクソンモービル”社と順調に協力していることを知事は指摘した。
“エクソンネフチェガスリミテッド”社は現在生産活動の結果、安全技術指数に関しての石油採掘部門でリード的立場を占めている。
同社は州予算への本質的積立を行なっている。
これらの資金は社会分野の発展、居住地の外観の変化に向けられている。
“サハリン-1”プロジェクトで多くのサハリン住民が就労している。
「我々にとってこの大陸棚プロジェクトの効果はサハリンやロシア全体にとっても大変重要である。“サハリン-1”は島の住民のために最大限の利益をもたらすはずである。ここにあるのはさらに何に取り組むがである」と、知事は述べた。