稚内日ロ経済交流協会

ロシア語翻訳・通訳、ロシア(主にサハリン州)に関するコンサルティング、ロシア語講座、貿易相談、ロシア関係セミナー、商談マッチング等

10月20日様々な状況のもとでサハリン国境警備隊によってロシア船“ボリド”号とグルジア船籍の“ルスノ”号が拿捕された。
“ボリド”号とさらに2隻のロシア漁船は志発島ルドニヤ入江地区で朝の約6時に国境警備船の乗組員によって発見された。
その時間までに“ボリド”号は国境警備と税関に対してロシア連邦領外へ出るために正式に手続きされていた。
こうして10月18日船長は貨物(ウニ)6,4トンを申告して、その引渡しのために花咲港へ出た。
日本へ到着後に船長は衛星上の所在地情報を証明する船の技術監視システムを切った。
自らの監視されていないことを確信した“ボリド”号の船長は国境警備隊が待っていた歯舞諸島水域に戻った。
沿岸警備隊を見て、船の集団は入江から様々な方向へ移動を始めた。
しかし全船が停められ、臨検された。
監視・検査対策の過程で“ボリド”号の船倉でほぼ16,5トンの花咲ガニが見つかった。
船で大量の高価なカニが見つかった事実で取調べが行なわれている。

ロシア国境警備庁はスズキ・ヒサヤス長官に代表される日本の海上保安庁の職員に関係官庁間での高い協力レベルに対し感謝を表した。
ロシア側によって提示された情報により、この2週間のうちに日本の仕事仲間は自らの排他的経済水域で2隻の船を拿捕した。
漁船“UTSUKUSHII”号と“SNAKE”号はカンボジア王国船籍でロシアと日本の海域で違法操業を行なっていた。
拿捕時に両船の船倉で活ガニが見つかった。
ヴラヂーミル・メリニコフ船長とエヴゲーニィ・チモシェンコ船長のもとには漁撈活動実施のための日本の農林・漁業省の許可書がなかった。

9月28日サハリン国境警備隊は連邦保安庁の航空機の協力のもとで“アグリヤ”号を拿捕した。
ロシア船はアニワ岬南西寄りのロシア排他的経済水域内で発見された。
衛星モニタリングシステムの情報によれば、“アグリヤ”号は指定水域に位置していなかった。
最新の情報によれば、船は今年6月から操業を離れており、つまり操業水域に出て、漁を行なう権利をもっていないので、コルサコフ港にいるはずであった。
一時間にわたって“アグリヤ”号の船長は超短波チャンネルでの沿岸警備隊員によって行なわれている照会に応答しないで、火薬や他の信号に反応しないで、停船要求を履行しなかった。
停船を強制するために見込まれた全ての手段がつくされた時、国境警備隊は警告射撃を行なった。
その後に船は止まり、乗組員はあわてて水産物の入った篭を海へ投げ始めたが、国境警備隊によってビデオカメラで記録されていた。
船への乗り込み後にその船倉で臨検班はウニの入った残った篭を発見した。
船長の話によれば、珍味の総重量は1,240キログラムになったとのことである。
船長はウニの漁獲許可書を持っていなかった。

5千ドルの賄賂で非合法者はロシアから日本へ出航しようとした。
沿海地方国境警備局の船長は法廷に出頭した:5千ドルの報酬で彼はイランからの非合法者に国境を横断し、日本の貨物船にもぐり込むことを手助けした。
このことについて太平洋艦隊軍事検察庁報道部で伝えられた。
沿海地方国境警備局ナホトカ部隊の職員であるエヴゲーニイ・ダツェンコ船長に対して検事調査の資料に基づいて2011年9月9日に刑事事件が告発された。
容疑者は国境違反者からの5千ドルの賄賂受取りに問われている。
法違反者は4年までの懲役刑が迫っている。
2011年9月6日から7日にかけての夜中にエヴゲーニイ・ダツェンコ船長は欲得ずくな動機で職権を悪用しながら、5千ドルの報酬でしかるべき書類の手続きなしに“貨物港ナホトカ-1”の非常通過地点内にイラン市民エブラヒミ・マジダ・ユイビラハを通した。
この後に国境警備隊員は非合法者に日本へ出航する外国貨物船“TeddyBear”号(登録港-パナマ)に密かにもぐり込ませ、甲板にある支柱材保管用の非居住部分に隠れることを手助けした。

今日ネヴェリスクで沿岸警備隊の新しい哨戒艇“PS-824”の対面式が行なわれた。
1年半前にネヴェリスクで新しい“PS-819”が職務に就いたにもかかわらず、類のない出来事である。
“PS-824”は国境哨戒船22-120の新しい設計の中心的な船であり、それは以前の全ての船よりはるかに大きく、強力な近代的船である。
船ではシリーズで新しい船を動かすための全ての設計決定の検査が行なわれることになる。
“アルマーズ”合同造船所から哨戒艇はネヴェリスクに忘れられた北方海路で同伴なしで、自力でやって来た。
ネヴェリスク市民が船の乗組員であった。
船長S.パナリンの見解によれば、乗組員は故郷の岸に船を受け入れ、体験し、案内するという自らの任務をやってのけたとのことである。
船自体も自らを立派に示し、実際船は氷をかき分けて進み、チュコトカの沖でしけを乗り切らなければならなかった。

日本側へ逃亡した密漁船を銃撃

8月29日夜中の12時過ぎにロシア排他的経済水域のアニワ岬から南寄りでサハリン国境警備隊はカンボジア船を見つけた。
漁船“アクヴァリウス”号は日本側へ向かい、沿岸警備隊の照会に応答しなかった。
注意を引き、船を止めるために哨戒船の乗組員によって火薬、同様に他の信号も使われた。
しかし違反船は移動を続けた。
停船対策遂行の過程で警告射撃が行なわれた。
それにもかかわらず、“アクヴァリウス”号の船長は乗組員の生命を危険にさらしながら、頑固に追跡から逃れようとした。
国境警備隊による停船強制のための全ての措置が尽くされた後にようやく敗北のための銃撃が行なわれ、船は日本の排他的経済水域で止まり、浮遊した。
ロシア人から成った船の乗組員の誰も被害を被らなかった。

操業規則違反で3隻の船を拿捕

7月11日~13日に沿岸警備サハリン国境警備局の国境警備船の乗組員によって3隻の漁船が拿捕された。
漁船“ポントゥス-9”(カンボジア船籍)を国境警備隊はロシア連邦領海で発見した。
その船内で7トン以上のズワイガニ(オピリオン)が見つかった。
さらに4月に船は“グレヂス”の船名を持ち、2010年12月にロシア連邦自然保護法違反で拿捕されていたことが突き止められた。
2011年5月にネヴェリスク市裁判所の決定で船長はロシア連邦刑事法典256条3項で犯罪行為で有罪と認められ、14万ルーブルの罰金が課された。
船主によって船長の交替が行なわれたが、前の船長は一等航海士の任務で船に残った。
再び暴き出された法違反の状況調べが行なわれている。
海域でのずさんな技術監視機器による操業実施事実の排除のために“アステロイド”号(ロシア連邦船籍)の捜索が行なわれている。
漁船の船長は不備を取り除くために港に姿を現わさなければならなかったが、このことは行なわれなかった。

急速冷凍の魚を積んだ外国船“マユト”号をサハリン国境警備隊は拿捕した。
船で約5トンの急速冷凍ニシンとスケソウが発見された。
“マユト”号はタタール海峡のロシア連邦排他的経済水域で検査のために停船させられた。
沿岸警備サハリン国境警備局社会交流班で伝えられたところによれば、船長は所定監視地点の通過規則と水性生物資源の漁獲規則に違反していたとのことである。
これらの法違反に対する責任はしかるべくロシア連邦行政法違反法典18.6条と8.17条2項で規定されている。
船は拿捕された。

国境警備隊が沿海地方の企業の船に“ブレーキをかけている”間に、韓国の港で密漁船は自らの漁獲物を荷揚げしている。
自らの資産でカニの割当てを持つ漁業会社は国境警備隊の特別見解の人質に陥った。
国家海洋監督局の見解によれば、輸出向けの漁獲物の販売に際して沿海地方の企業は陸上に活ガニの荷揚げを行なわなければならないとのことである。
漁師にとってこのことは、陸上への荷揚げ中に製品が簡単に腐ることで、事実上漁獲物の全滅を意味する。
海洋監督官はロシア連邦領海、排他的経済水域と大陸棚で漁獲された全てのカニの種類を活と生と冷却の形でロシア連邦排他的経済水域の国境の外への輸送を禁止する極東水域のための漁業規則の16項と14項を基礎としている。
企業は国家海洋監督局のこの解釈に同意しておらず、ロシア連邦領内で漁業会社から事前に購入された商品を輸出すること、つまりは、ロシア領内での漁獲物の販売事実がすでに行なわれており(法が求めているように)、事実上何一つ商品を取り扱うことを妨害していないことを企業の代表者は主張している。
しかも“漁業について”の法には強制的な荷揚げが書かれていないことが最も大事なことである。
しかし、規則の解釈での頑固さと特別な見解は船の全体検査に転化し、検査中に船舶や操業書類が取り出されている。

沿岸警備サハリン国境警備局の捜査機関によって違法にロシア連邦国境を横断した“サルガン”号の船長に対して刑事事件が告発された。
漁船の密輸犯罪についての報告が審理されている。
3月19日の夜中に“サルガン”号は稚内を後にして、その日の朝にノヴィコヴォ港に寄港し、その際船名や船籍を替えた。
すでに“サトコ”号として名づけられていた船内での監視・検査対策の過程で日本製の車のタイヤと部品が発見された。
上記貨物の国境を経由する移動の合法性を確認する書類は提示されなかった。
サハリン税関に税関法分野での有りうべき行政法違反についての情報が送られた。