稚内日ロ経済交流協会

ロシア語翻訳・通訳、ロシア(主にサハリン州)に関するコンサルティング、ロシア語講座、貿易相談、ロシア関係セミナー、商談マッチング等

極東管区ロシア連邦大統領全権代表ヴィクトル・イシャーエフは10月27日ハバロフスクで“丸紅”代表取締役常務執行役員川合紳二と会談した。
対談者は日本ビジネスマンとのロシア極東の相関関係の展望を討議したと、全権代表報道部は伝えている。
V.イシャーエフの話によれば、経済危機後に日本とロシア東部の通商・経済関係は回復しつつあるとのことである。
「貿易は2009年と2010年と比べて増加し、2008年の水準に達した。
我々は何よりもまず、極東経済の近代化と構造改革の分野で、革新的生産の創造での協力拡大の用意がある」と、全権代表は表明した。
川合氏は“丸紅”が“ガスプロム”と協力して沿海地方のナホトカに石油科学複合体の建設を予定していることを伝えた。
彼の話によれば、“丸紅”は工場建設に際して元請け、建設工事の主要な投資家と製品の主な購入者となる可能性を検討しているとのことである。
V.イシャーエフの見解によれば、このプロジェクトは必ず採算がとれ、儲かるとのことである。
彼は石油化学複合体の建設プロジェクトの実現に協力することの希望を表明した。

連邦国家単一企業“ロスモルポルト”は自己資金でサハリン支社用に非自走浚渫船《ヒタチ102》を手に入れた。
現在浚渫船は小樽港(日本)に停泊しており、11月初めにタグボートを用いてサハリンのコルサコフ港へ届けられると、企業報道部は伝えている。
浚渫船は“ロスモルポルト”サハリン支社が力を貸している海洋港の深さの基準状態の維持用に、また入港用突堤のすぐそばの海底を深くするためにも利用され、大型船のサハリン海洋港への入港を行なうことを可能にさせる。

極東管区ロシア連邦大統領全権代表ヴィクトル・イシャーエフと“三井物産”常務執行役員木下雅之は10月20日の会談でロシア極東での日本ビジネス活動の将来性を討議した。
このことについて全権代表報道部で伝えられた。
“三井”の代表者は自分の会社が東シベリアと極東で相当な活動経験を持っていることを指摘した。
彼は“サハリン-2”プロジェクト、“日野”の自動車販売、電力分野のプロジェクトでの“ソレルス”社との相関関係で極めて順調な会社の活動経験を考慮している。
それ以外に“三井”はロシアの投資魅力を宣伝する一連のパンフレットを発行し、極東連邦管区での全権代表付属海外投資誘致会議に積極的に参加していることを彼は述べた。
木下氏は都市のインフラ発展支援とプレミア級の日本の消費物資のロシアでのプロモーションに関する会社の計画を伝えた。

ロシア国境警備庁はスズキ・ヒサヤス長官に代表される日本の海上保安庁の職員に関係官庁間での高い協力レベルに対し感謝を表した。
ロシア側によって提示された情報により、この2週間のうちに日本の仕事仲間は自らの排他的経済水域で2隻の船を拿捕した。
漁船“UTSUKUSHII”号と“SNAKE”号はカンボジア王国船籍でロシアと日本の海域で違法操業を行なっていた。
拿捕時に両船の船倉で活ガニが見つかった。
ヴラヂーミル・メリニコフ船長とエヴゲーニィ・チモシェンコ船長のもとには漁撈活動実施のための日本の農林・漁業省の許可書がなかった。

“ガスプロム”は日本への液化天然ガス(LNG)の追加供給継続の可能性を検討する用意がある。
このことについて10月17日“ガスプロム”理事長アレクセーイ・ミレルと“三井物産”社長飯島彰己の会談で語られた。
“ガスプロム”報道部が伝えているところによれば、双方は日本の安定したエネルギー供給の復旧に向けられた可能な協力の方向性を討議したとのことである。
会談の参加者は“ガスプロム”によって供給された計画以上のLNGの量は国内のエネルギー確保の安定化(2011年3月の地震と津波後)のために意義を有しているという統一見解を表明した。
“ガスプロム”は必要な場合に日本へのLNGの追加供給継続の可能性を検討する用意があることをA.ミレルは伝えた。

日本の代表団は10月14日“サハリン給水”社を訪問した。
“光合金”社の役員ナガシマ・ヨウイチと北海道銀行事務所代表ミカミ・ノリヒトは給排水問題を担っている企業間での相互協力の調整のためにユジノ・サハリンスクに到着した。
“サハリン給水”社報道部が伝えているところによれば、最初に水処理技術と飲料水の中の天然鉱物の除去問題が検討された。
ナガシマ・ヨウイチは“光合金”の開発を紹介し、“サハリン給水”社に日本でうまく利用しているマンガン砂に基づいた技術を導入するよう提案した。

日本でロシア人船長が逮捕

先週木曜日の9月29日23時43分に日本の海上保安庁は日本の領海でカンボジア船籍の“ウツクシー”号を発見した。
その船内には6名のロシア人がいた。
彼らはカニの違法操業を行なっていた。
60歳の船長ヴラヂーミル・メリニコフは直ちに逮捕され、残りの5名の船員は取調べが終わらないうちは地元当局の監視下で稚内港で船にいるように命じられた。

“サハリン-2”プロジェクトのオペレーターである“サハリンエナジー”社は日本の“東京電力へのLNG供給に対する中期協定締結に対しオブザーバー会議の承認を得た。
“サハリン-2”プロジェクトに関わるオブザーバー会議は9月28日ユジノ・サハリンスクで行なわれた。
行事にはロシア連邦エネルギー省次官セルゲーイ・クドリャショフ、同じくロシアエネルギー省、サハリン州政府、ロシア天然省、ロシア財務省の代表者とプロジェクトオペレーター会社“サハリンエナジー”の株主も参加した。
会議で2011年4月7日に行なわれた臨時オブザーバー会議の議事録が承認された。
“サハリンエナジー”は労働保護、環境と安全技術問題に関わる報告、同じくプロジェクトに関わる生産活動と作業進行についての情報も提出した。
また財務問題、2010年中の会社の年間報告、ガスの供給と“サハリン-2”プロジェクトに関わる収益産物でのロシア側の取り分の問題、“アヴィアシェリフ”社との空中輸送確保に対する承認された契約価格の増加も検討された。
“サハリンエナジー”社の営業役員会は原油とLNGの市場分析結果に関して、特にこの種の炭化水素のマーケティングに関して報告書を提出した。

5千ドルの賄賂で非合法者はロシアから日本へ出航しようとした。
沿海地方国境警備局の船長は法廷に出頭した:5千ドルの報酬で彼はイランからの非合法者に国境を横断し、日本の貨物船にもぐり込むことを手助けした。
このことについて太平洋艦隊軍事検察庁報道部で伝えられた。
沿海地方国境警備局ナホトカ部隊の職員であるエヴゲーニイ・ダツェンコ船長に対して検事調査の資料に基づいて2011年9月9日に刑事事件が告発された。
容疑者は国境違反者からの5千ドルの賄賂受取りに問われている。
法違反者は4年までの懲役刑が迫っている。
2011年9月6日から7日にかけての夜中にエヴゲーニイ・ダツェンコ船長は欲得ずくな動機で職権を悪用しながら、5千ドルの報酬でしかるべき書類の手続きなしに“貨物港ナホトカ-1”の非常通過地点内にイラン市民エブラヒミ・マジダ・ユイビラハを通した。
この後に国境警備隊員は非合法者に日本へ出航する外国貨物船“TeddyBear”号(登録港-パナマ)に密かにもぐり込ませ、甲板にある支柱材保管用の非居住部分に隠れることを手助けした。

サハリン州立美術館は初めてサハリン合気道連盟会員の出演のための場となった。
このような独創的な方法でここでは日本基金(東京)とサハリン州文化省が主催者となった“武道精神:日本武術の歴史”展示会が開設された。
日本基金は3つの方針で世界130ヶ国で活動を行なっている:芸術と文化交流;海外での日本語教育;日本での教育と知的交流である。
“武道精神:日本武術の歴史”展示会は州文化省でそこにサハリンを含めて、このはなはだ人気のある企画展示の地理を広げるアイディアが起こった2010年の春から準備をした。
美術館の多くの展示企画の中でこの展示会は、サハリンで日本の伝統的民族武術がどれだけの崇拝者を有しているかを考慮しながら、明らかに最も集中された注目に運命づけられている。
現在日本では平安時代(8-12世紀)から自らの歴史を数える500以上の武術流派が活動している。
様々な武器での専門化を考慮して、弓術(弓からの射撃)、馬術(武器を持っての軍事装備での騎乗)、剣術(剣を持った闘争術)、柔術(つかみ合いの闘争術)が現われた。
古代からの年と同じほど戦士の闘争精神の反映として実利的文化も有している。