稚内日ロ経済交流協会

ロシア語翻訳・通訳、ロシア(主にサハリン州)に関するコンサルティング、ロシア語講座、貿易相談、ロシア関係セミナー、商談マッチング等

極東管区ロシア連邦大統領全権代表ヴィクトル・イシャーエフは10月27日ハバロフスクで“丸紅”代表取締役常務執行役員川合紳二と会談した。
対談者は日本ビジネスマンとのロシア極東の相関関係の展望を討議したと、全権代表報道部は伝えている。
V.イシャーエフの話によれば、経済危機後に日本とロシア東部の通商・経済関係は回復しつつあるとのことである。
「貿易は2009年と2010年と比べて増加し、2008年の水準に達した。
我々は何よりもまず、極東経済の近代化と構造改革の分野で、革新的生産の創造での協力拡大の用意がある」と、全権代表は表明した。
川合氏は“丸紅”が“ガスプロム”と協力して沿海地方のナホトカに石油科学複合体の建設を予定していることを伝えた。
彼の話によれば、“丸紅”は工場建設に際して元請け、建設工事の主要な投資家と製品の主な購入者となる可能性を検討しているとのことである。
V.イシャーエフの見解によれば、このプロジェクトは必ず採算がとれ、儲かるとのことである。
彼は石油化学複合体の建設プロジェクトの実現に協力することの希望を表明した。

極東管区ロシア連邦大統領全権代表ヴィクトル・イシャーエフと“三井物産”常務執行役員木下雅之は10月20日の会談でロシア極東での日本ビジネス活動の将来性を討議した。
このことについて全権代表報道部で伝えられた。
“三井”の代表者は自分の会社が東シベリアと極東で相当な活動経験を持っていることを指摘した。
彼は“サハリン-2”プロジェクト、“日野”の自動車販売、電力分野のプロジェクトでの“ソレルス”社との相関関係で極めて順調な会社の活動経験を考慮している。
それ以外に“三井”はロシアの投資魅力を宣伝する一連のパンフレットを発行し、極東連邦管区での全権代表付属海外投資誘致会議に積極的に参加していることを彼は述べた。
木下氏は都市のインフラ発展支援とプレミア級の日本の消費物資のロシアでのプロモーションに関する会社の計画を伝えた。

サハリン-大陸間での橋の回廊建設は2012年以降に始まるかもしれない。
このことについて極東管区ロシア連邦大統領ヴィクトル・イシャーエフはアレクサンドル・ホロシャヴィンにサハリン州知事全権を分与後にブリーフィングで伝えた。

極東連邦管区ロシア連邦大統領全権代表ヴィクトル・イシャエフは極東での沿岸漁業水域の拡大問題を貫き通すことを表明した。
「現在極東での沿岸漁業水域はカリニングラードでの200マイルに反して、これは全部で12マイルである。
沿岸漁業は大部分の極東漁師にとって事実上唯一の収入源である。
全ての沿岸の社会基盤は漁師で支えられている。
その上に、このような制限水域は十分に我々の漁師に水産物の漁獲割当を消化させていない。
極東での沿岸漁業水域を拡大することが不可欠であり、この問題を我々は連邦政府に対して取り上げる」と、前日にヴィクトル・イシャエフは表明した。

“ロシア鉄道”支社である極東鉄道サハリン地域のマカロフ駅とトゥマノヴォ駅の区間で大陸の軌道幅寸法1520ミリ用の鉄筋コンクリート製の枕木と一体となったレールの敷設のための線路工事が始まったと、鉄道報道部は伝えている。
広軌道の敷設のための線路工事に先行したのは相当な準備作業量である:機械が修理され、線路の上部構造の資材が調達され、枕木と一体となったレールの組立てが行われ、線路の据付け工班やその他が補充された。
すでに4月の半ばまでにマカロフ駅に必要な線路機械が配置され、引込線に線路の据付け工の交替労働者の居住と休息のための生活列車が配置され、整備された。
「今年敷設だけでほぼ8億ルーブルが使われることになっている。
全ての作業は、以前のように当直交替方法で実施される。
15日おきに50人から80人までの新しい交替班がやって来る。
これは路線の据付け工、“保線機関ステーション336”からの機械工、機関車作業班、サービス要員であると、“保線機関ステーション188”の所長エヴゲーニー・クドリャショフは語った。

ここ最近2年間ですでに沿海地方国境警備隊によって拿捕された船の80%以上が“便宜船籍”下で航行していた。
近年極東海域での“便宜船”のテーマは最も緊急なテーマの一つとなった。
何よりも重要問題となっているのは“便宜船籍”船で行われている海洋生物資源の密漁と密輸である。
“便宜船籍”とは一体何なのか?これは或る小さな国の船籍であり、船主は他国の市民であるにもかかわらず、その国の船籍下に登録された船が航行することである。
いくつかの国は“国家ビジネス”として自国の船籍下に船の登録を行なってきた。
それらの国は船主にきわめて特典的な条件、即ち、最低限の税金、簡素化された登録手続き、乗組員の安全遵守や社会保障に関する基準の欠如、その他を提供している。
船主は超過利潤を得ることや責任から逃れるために“便利な”船籍下に自らの船を切り替えている。
船主はその際になんらかの義務を負わない船の安い登録が必要である。
船主が税金、給与、社会保険に関する経費を下げるために自らの船を登録している国のなかで最大の人気を得ているのはベリーズ、カンボジア、シエラ・レオーネ、パナマである。

11月16日ヴィクトル・イシャエフは極東連邦管区でのロシア連邦大統領全権代表付属海外投資誘致に関する第一回目の会議を行なった。
会議の開始に先立ち、全権代表は会議が現在14の巨大海外企業を仲間に加えていることを指摘した。
「海外投資の誘致で我々は極東の各主体領内での実現に予定された優先的投資プロジェクトの重要な融資源を見つけている。
ロシア極東は豊かな天然資源、便利な地理的位置を有している。
我々の海外の隣人は近代的テクノロジーの分野で大きな経験を持ち、しっかりした投資パートナーである。
何が今後の協力の将来性に条件づけられか」と、彼は述べた。

サハリンで通関運送会社“プリモルアフトトランス”社が自らの活動を実現することを始めた。
このことは島で2番目のこの種の企業である。
通関運送会社は法人資格を有し、極東税関局のライセンスを得て、ロシア連邦法に従って設立された企業である。
この組織は税関の同伴と通関料の支払い確保(商品と輸送手段の担保、第3者の保証、算入される金額の預金に対する払い込み)なしに税関管理下にある商品を輸送する権利がある。

「我々は何よりも一番にどれだけの対策決定や計画が採択されたかを報告しないで、汚職発生の原因となる条件を一掃しなければならない」と、汚職防止に関する全権代表者会議で極東管区ロシア連邦大統領全権代表者ヴィクトル・イシャエフは表明した。
彼は市民が最も頻繁に出くわす汚職違法行為の実行原因となる条件根絶も含め、地方自治機関での汚職防止問題を極東地域の行政機関と討議した。
つまりはいわゆる日常汚職と呼ばれる問題である。
全権代表はサハ(ヤクーチヤ)共和国大統領イェゴール・ボリソフ、カムチャッカ地方知事アレクセーイ・クズィミツキー、ウラジオストック市長イーゴリ・プシカレフ、ハバロフスク市長アレクサンドル・ソコロフ、ハバロフスク地方内務局長アンドレーイ・セルゲーエフの報告を聴いた。

“ガスプロム”はサハリン州、ハバロフスク地方と沿海地方での社会施設建設に25億ルーブルを割り当てる決定を採択した。
これらの領域に沿って“サハリン-ハバロフスク-ウラジオストック”ガスパイプラインが敷設されている。
このことについて木曜日にハバロフスクで“ガスプロム”副理事長アレクサンドル・アナネンコフは記者に伝え、彼の指導下でガスパイプライン建設に当てられた会議が行なわれていると、伝えている。
「“ガスプロムは”社会施設建設のために25億ルーブルを割り当て、そのうちの7億4千ルーブルはハバロフスク地方のためにである」と、アナネンコフは指摘した。
彼の言葉によれば、資金ははっきりとした目的で社会問題の解決に割り当てられるとのことである。