稚内日ロ経済交流協会

ロシア語翻訳・通訳、ロシア(主にサハリン州)に関するコンサルティング、ロシア語講座、貿易相談、ロシア関係セミナー、商談マッチング等

操業規則違反で3隻の船を拿捕

7月11日~13日に沿岸警備サハリン国境警備局の国境警備船の乗組員によって3隻の漁船が拿捕された。
漁船“ポントゥス-9”(カンボジア船籍)を国境警備隊はロシア連邦領海で発見した。
その船内で7トン以上のズワイガニ(オピリオン)が見つかった。
さらに4月に船は“グレヂス”の船名を持ち、2010年12月にロシア連邦自然保護法違反で拿捕されていたことが突き止められた。
2011年5月にネヴェリスク市裁判所の決定で船長はロシア連邦刑事法典256条3項で犯罪行為で有罪と認められ、14万ルーブルの罰金が課された。
船主によって船長の交替が行なわれたが、前の船長は一等航海士の任務で船に残った。
再び暴き出された法違反の状況調べが行なわれている。
海域でのずさんな技術監視機器による操業実施事実の排除のために“アステロイド”号(ロシア連邦船籍)の捜索が行なわれている。
漁船の船長は不備を取り除くために港に姿を現わさなければならなかったが、このことは行なわれなかった。

過日沿岸警備サハリン国境警備局の職員によって密漁阻止に向けられた一連の対策が行なわれた。
大型税関船“パーヴェル・ヴァレシチャギン”を使ったサハリン税関の担当者と協力してロシア船“タイヤンマル58”が拿捕された。
漁船は隣接国側からの予定積み替え海域に到着した他の船との合流の企ての時にクリリオン岬の南寄りの日本の排他的経済水域で発見された。
税関船に気づいて、“タイヤンマル58”の船長は途中、船にあった水産物を海に投げながら、ロシア領海に進路をとった。
しかし完全に違法活動の徴候から免れることに間に合わなかった。
短時間の追跡のおかげで臨検班が船に乗り込んだ時、そこにはまだ350杯以上の毛ガニが残っていた。
タタール海峡のボシニャコヴォ港付近で漁を行なっていたモーターボート“P-51-38CX”で国境警備船の乗組員はタラバガニ140杯以上、カニ篭とえさの入った容器を発見した。

今日オホーツク海で北東国境警備局のパトロール船はカンボジア漁船“フェニスト”号を拿捕した。
密漁船の船長は法違反の証拠を隠そうとしながら、臨検中に直接船を沈めた。
6月1日オホーツク海で沿岸警備北東国境警備局の国境パトロール船“アルガル”号は正体不明船を発見した。
照会と停船要求に船は反応しないで、逃れようとした。
3時間半以上の追跡後に臨検班は逃亡する船の船内へすばやく乗り込むことに成功し、漁船の船長に航行を止めさせた。
北東国境警備局報道部で伝えられたところによれば、国家海洋監督局の検査官は、船が“フェニスト”という船名(カンボジア船籍、登録港プノンペン)を名乗り、乗組員は14名のロシア連邦市民から成ることを突き止めたとのことである。
操業を許可する書類は船にはない。
海水の循環した水槽でほぼ4トンの油ガニと約6トンのズワイガニ(オピリオン)が見つかった。

国境警備隊はサハリン沖のタタール海峡で違法に漁獲された35トン以上のカニが見つかった2隻の船を拿捕した。
沿岸警備サハリン国境警備局で伝えられたところによれば、船にはカニの漁獲許可書がなかったとのことである。
国境警備局社会交流班で伝えられたところによれば、漁船“ソロモン”号(ロシア連邦船籍)と“フゴ”号(カンボジア王国船籍)を停船させるため、航空機を参加させなければならなかったとのことである。

1月26日サハリン州裁判所は“ユニカ”社がロシア連邦行政法違反法典8.17条2項(水性生物資源漁獲規則違反)で行政責任に問われ、“マン”号の没収を伴った2,565,381ルーブルの行政罰金の形での処罰された2010年4月21日付けのユジノ・サハリンスク市裁判所判事の決定を変更のないままにした。
漁船の船長アンドレーイ・クラスノフに対して刑事法典256条3項で告発された刑事事件はコルサコフ市裁判所で審理中である。
“マン”号は違法漁撈活動の実施でサハリン国境警備局の職員によって2度拿捕されている。
最初の法違反事実で“マン”号の船長ユーリー・ゲーチャは2009年10月にユジノ・サハリンスク市裁判所の判決により3年間の期間ロシア連邦漁業船団の船での指導者職へ就くことの権利剥奪を伴った執行猶予付きの懲役10ヶ月の有罪判決が下された。
“マン”号の船主である“ユニカ”社は行政責任に問われ、765,033ルーブルの罰金が課された。

オホーツク海で沿岸警備北東警備局の職員は船内に水産物の違法製品を積んだカンボジア船を《捕まえた》。
《便宜船》は今後の取調べのため港へ連行された。
10月23日国境確保船《スタルシノフ》は監視・検査対策のためにカンボジア王国船籍の漁船を停船させた。
検査官は船が《ミダス》号(登録港プノンペン)という船名を名乗り、乗組員は6名のロシア人、5名のインドネシア人、2名の韓国人と1名の中国人から成ることを明らかにした。
船は冷凍製品の受け取りと輸送用に設備されていた。
冷凍船倉で国境警備隊はほぼ15トンのボイル冷凍ガニの脚(おそらくタラバガニ)と約7トンの冷凍ニシンを発見した。
北東国境警備局報道部で伝えられたところによれば、貨物の合法性を確認し、ロシア連邦排他的経済水域と大陸棚での漁撈活動の実施権利を与える書類を船長は提示しなかった。

ロシア国境警備隊はカニの密漁容疑で日本海でパナマ船籍の漁船“GreatOcean2”を拿捕したと、沿岸警備北東国境警備局報道部担当者は伝えた。
14名のロシア人と1名の韓国人から成る乗組員を乗せた漁船を検査のために国境警備哨戒船“オリョール”号が停船させた。
監視・検査対策の過程で漁船は活ガニの漁撈と輸送用に設備されていることがつきとめられた。
船倉ではえさ用の約4トンのニシンとスケソウが発見された。
その際漁船の書類の登録期間は今年の4月に切れていたと、担当者は述べた。

土曜日に日本海でロシア連邦国境違反で拿捕されたパナマ漁船“サガ”号は哨戒船の警護の下に火曜日に取調べのためナホトカ港へ到着したと、沿海州国境警備局報道部代表は伝えた。
乗組員が11名のロシア市民と1名のウクライナ市民から成るパナマ船籍の漁船“サガ”号は沿海州国境警備局の沿岸警備船によってサハリンと大陸を分けるタタール海峡南部で拿捕された。
漁船は違法にロシア排他的経済水域に現われ、海上監視地点での義務的確認手続きを終えていなかったと、担当者は確認した。

3月25日アニワ岬の北東寄りのロシア連邦排他的経済水域で沿岸警備サハリン国境警備局の国境警備哨戒船によって2隻の外国船が拿捕された。
こうして、0時53分(サハリン時間)国境警備哨戒船“ザバイカーリェ”号は漁船“JeaSu”号(カンボジア船籍、乗組員16名、そのうち12名はロシア連邦市民、4名はインドネシア人)を発見した。
船は国境警備機関の照会に応答せず、停船についての法的要求にも反応しなかった。

日本海でロシアの密漁漁船拿捕

沿海州国境警備隊は乗組員のもとにカニ操業の許可書がない15トンのカニを積んだ漁船をナホトカ港へ連行していると、ロシア連邦保安庁社会交流センターで伝えられた。
3月24日水曜日にロシア経済水域(日本海)で沿海州国境警備局の国境警備船“イヴァン・レドネフ”号によって漁船“Elka”号が臨検されたと社会交流センターの発表で語られている。