大人の学び合い

いるか
ノシャップ岬

学びの秋が終わるためには、『〆』が必要だ。
特に、大人の学び合いの組織化にはそれが必要だ。
ここに紹介する『北地区子育て新聞』の組織化の視点が優れている。

近年、「困った大人」が増えている。
稚内でも「困った大人」を見受ける時がある。

でも、嘆いているだけでは変わらない。
誰かが「困った大人」から「学び合う大人」になろうと呼びかけることが必要だ。
それが北地区『子育て懇談会』だ。

『一堂に会した学び合いの提唱』 『誘い合う活動としての地域の対話』 『講演講師の選定と提言内容』 『語り合う活動としての分散会対話』 『取り組みの教訓化と広報活動』『家庭・学校・地域の課題研究と取り組みの改善と実践』

これら一連の取り組みを『地域ぐるみの子育て運動のパック』にして、学校・家庭・地域が一体になって毎年取り組んでいるのが、稚内の北地区の財産。
稚内には、子育て運動の財産が各地区にあるので、今後とも機会があれば紹介したい。

11/30 発行 北地区子育て新聞1(表)
11/30  発行 北地区子育て新聞2(裏)

こうした運動の教訓がもっともっと広がって「困った大人」から「素敵な大人」に変わってほしいものだ。

『学びの秋』は『温もりの冬』を約束する。
12月から来年の3月まで稚内市教育相談所は皆様に心から呼びかけます。

外気温は『冬』でも、家庭には『温もり』を!

行きたくなる『授業参観』の案内

稚内西小中学校にお邪魔したときのことだった。
「先生一人ひとりが授業改善の課題を明らかにしたのです。」と校長がいった。

そして見せてくれたのが下記のポスターだった。


『がんばります』の力合わせをしている先生達の写真に圧倒された。
さらに、その写真の周りには一人ひとりの先生達の『がんばり目標』が。
その内容がじつにわかりやすい。

「親の目線」で書かれているからだ。
とかく専門家は「専門用語」を不用意に使う傾向がある。
このポスターにはそんな雰囲気は微塵も感じない。
作成者の深い専門的力量を感じる。

「人を見て法説け」とはよくいったものだ。
このポスターは保護者への授業参観案内文の裏面に印刷して配布するそうだ。
親なら出掛けてみたくなる。
私も「是非、行って参観しよう」

西小中学校の参観日お誘いポスター


先の見通しを持つ大切さ

up

imagehokudai
8.22『南中ソーラン全国交流祭』 北大『縁』の演舞

12月を迎えると我が子の進路決定の時期となります。
15の春を迎える母親の『ため息』を聴きました。
高校に行くのは良いけど、「そのあと卒業して就職先があるのかどうか・・・」
ほとんどの親は高校卒業後の就職先の困難さを予想しています。

現実の厳しさをそのまま反映した悩みでもあります。
「でも、お母さん、考えてください!」お母さんの知恵と力でもう一歩深く考えてみませんか。こういう時代だからこそ、我が子と一緒に考えたり悩んだりできる条件も広がってきているのです。

「定時制・・・」と嘆いている母親に「お母さん、お子さんの将来の職業を考えて、話し合って、その上でどんな高校が良いかを考えてみましょう」と提案しました。
「まずは、お母さんがその気になることです」と厳しく迫ってみました。

「そんな考えもあるのですね。初めて知りました。考えてみます。」
長い話し合いの末に生まれたお母さんの結論でした。

進路の時期の最大の目標は、我が子の成長の見通しを語り合うこと。
どんな職業があるのか、どんな職業に就きたいか、どんな生き方をするのか、お金も含めてどんな生活が求められるのかなど、課題は話題となって生まれます。
その話し合いが将来の我が子の見通しをつくる力になります。

中学校三年間の『成績』だけで子どもの将来を決定したり、人格や将来を決めつけないでください。現実は厳しいものがありますが『現実主義者』の親にだけはならないでくださいね。

稚内図書館 稚内図書館