東地区子育ての集い

東地区

10月26日(金)夜7時より、東小学校体育館に於いて「東地区子育て交流のつどい」が開催された。各町内会の役員さん、民生児童委員さん、東3校のPTAの方々、そして教職員の方々、来賓として教育委員会より教育長さんをはじめ5名の参加を含めて、総勢128名のつどいでした。

 この「つどい」のねらいは三つです。

①  東地区の子育てに関わる者が膝を交えて交流することを通して、学校・家   庭・地域の一層の連携を図り「地域ぐるみ」の協力体制を一層発展させる。

②  子育て運動を進める地域での語り合い学び合いの場とし、地域社会が積極的に様々な側面から子どもを支援できるよう学習し合う。

③  本会合に出席される「黄色い帽子」「子ども110番の家」等のスクールガード協力者の方々に対する日常の献身への感謝の意を表すとともに、関係者ぐるみ地域ぐるみの児童生徒の安全確保のための行動実践を誓い合う。

 

 適応指導教室から課題提起を行い、それに基づき25の小グループに分かれて話し合いを持ちました。それには来賓の皆さんも一緒に加わってくれました。どのグループも和気藹々の雰囲気の中で話し合いが進みます。スクールガードの方の子どもとの関わりの話、孫の子育てを見ていて、自分の子育てを反省している方、学校の先生方の悩み等々いろいろなグループを渡り歩きながら話を聴いていた私ですが、稚内市の子育て運動の確かな力を感じました。

 学校・家庭・地域そして行政が一緒になって子育ての話し合いをし、「オール稚内」の力で子育てを進めていこうとする姿がとっても印象的でした。

 

 この「つどい」を準備された東地区子育て連協の役員の皆さん、本当にすばらしい会をありがとうございました。 

                    (稚内市適応指導教室 室長 加藤 良平)

          

             

いじめの『早期発見』!?

imagemomiji

  

学校現場と『文部科学省』の対応方針がかみ合っていないことがある。
いじめ問題がそれだ。

いじめは教育問題であると同時に社会問題である。
悲しいかな日本では、家庭・学校・地域のあらゆるところで起きている。
その根源は、『大人社会の不平等さ』や『困っている人を支援する社会制度や政治の貧しさ』が起因している。

子どもは大人社会の『矛盾』を反映して育つ。
子どもが学校に通う限り、大人社会の『いじめ』要素は持ち込まれる。

だから学校の方針は、『いじめの芽』を摘み取ることに全力を挙げなければならない。
「『いじめの芽』はあります。」とはっきり認めて、訴えることだ。
そして「『いじめの芽』を摘み取るために力を貸して下さい」と子ども、親、地域に呼びかけることが可能となる。
この二点が学校現場の方針になれば、学校の取り組みは力あわせが生まれて豊かになる。

『大事件』になる前の『早期発見』は、法制的見地からは当然といえる。
しかし、教育的見地からは『いじめの芽をみんなで摘み取ろう』と呼びかけて元気と明るさが生まれる。

『自殺事件』が起きてから、「いじめかどうかわからない。調査しています」は、誰が考えても『大人のずるさ』がちらつく。

         

          

ネットワーク

『ネットワーク』が大切だ。
さまざまな機会にその重要性が語られている。
ところが、その実践はほど遠い。

そんな中で、稚内市の北地区の『子ども支援ネットーとワーク』は創造の道を歩んでいる。
その特徴について紹介します。

◆ 構成メンバーが豊かなこと!
教育委員長・小中連携校の校長・教頭・主任児童委員・民生委員・こども課虐待防止担当主幹・心の教室相談員・養護教諭・SSW・教育相談所長。

◆ 代表者は教育委員長!事務局長は学校長!
会の運営は、リーダーが先頭に立っていることで安心して話せるし、学べる。
事前に運営に関するコミュニケ-ションができているので運営もスムーズ。
両校の教頭が子どものサポート支援に関する情報をお知らせして、サポートの方法について考える。
『即解決できないが、解決に向かう手立てが見える』のが特徴だ。

◆ ネットワークは『学び合い』
北地区ネットワークの最大の財産は、学び合い。
事務局長は昨年学んだことをメンバー全員に還元してくれる。
そして、今年度の方針を示してくれる。
それがこの文章 →北地区ネット『23年度総括と24年度方針』

◆ 3W(ネットワーク・フットワーク・チームワーク)の教育力
学校・家庭・地域を明るくする力は3W。
この力はヨコにつなぐ力。
タテの力ではつくれない力。
ネットワークもフットワークやチームワークの仲間と一緒になって
手をつないで『素敵なネットワーク』に成長する。
北地区ネットワークは、その魅力にあふれてる。  

  

子どもの姿の見える学校適応指導委員会

 

 先日、今年度第1回の稚内市学校適応指導委員会が開催されました。

 この委員会は「学校の連携及び不登校児童生徒の情報交流を深めていき、指導方針や具体的な指導内容及び方法を協議していく。」ことを目的に、教育委員会が事務局を担当し、校長会代表、教頭会代表、市街地の学校代表、沿線小規模校のブロック代表によって構成されています。

 この会の特徴は、実名で具体的に交流されることです。ですから、どこの学校で、何年生の何と言う子どもが困難を抱えているのか、教育委員会も含めて参加者全員でとらえることができます。

 今回の委員会では

 *休みがちだった子が、SSWや地域の子育てネットワーク、祖父母の力で登校できるようになった。

  *連続不登校の生徒に担任が会って話ができるようになった。また生徒同士は一緒に遊べている。

  *地域ネットワークに感謝している。母への支援も含め、教育相談所とも連携を図りながら進めている。

 *不登校生徒の家を担任が定期的に訪問し、激励を続けている。

等々が交流されました。それぞれの学校の頑張りが伝わり、お互いが激励されます。その頑張りを教育委員会も理解し、得きる限りの応援態勢も組むことができます。

 今年度は4回予定しています。
その中では特徴的な学校の取り組みを学び合ったり、市の適応指導教室の取り組みを紹介したりもする予定です。

    

    

SSW全道研修会に参加して

 

5月22日(火)、札幌でSSWの研修会が開かれました。
稚内市からはSSWの熱海さん、教育委員会からは伊藤さん、そして平間が参加しました。

SSW熱海さんは、全道を代表して全体会で稚内の活動報告をしました。
参加者の関心に答える内容で大きな拍手をもらいました。
スーパーバイザーからは 『すばらしい取り組み内容でした』の評価をもらいました。

また分科会では、各地域で活躍しているSSWさんの活動状況や取り組みの課題が交流されました。その中で特に『稚内の巡回方式と教育委員会の位置づけ』に関心が寄せられ、「信頼関係の大切さがあらためてわかった」「SSWを支援する役割が大切だと思った」などSSWの活動とあわせて「SSWと学校組織との関係」や「SSWと教育委員会との関係」などに目が向けられました。
私は『ネットワークに強い学校をめざす学校の努力が基盤になっているのが稚内の特徴ではないでしょうか。』と紹介しました。
助言者からは『点から面になる可能性を感じることができた』とSSWの皆さんを激励してくれました。

      

   

『つばさ学級』の息吹

 

『暮れる漁港3』 
撮影:立花冨美雄

 

稚内市の学校適応指導教室の愛称を『つばさ学級』と名付けています。
 今年度は、中学生の在籍者 名でスタートしました。

 朝から通級する子もいますが、午後から通級してくる子もいます。元気に挨拶をして教室へ入ってくる子もいますが、伏し目がちに入ってくる子もいます。
 指導員はこれまで同様3人体制で、話し合いながら指導をしています。

 つばさ学級に通級している子は、それぞれの理由で学校へ登校できなくなっているわけですから、心に課題をかかえ苦悩しているのが現実です。それは一人ひとりがはっきりと自覚しているわけではありませんが、次のような課題があると考えています。

*     自分の思いを言葉に出してなかなか伝えることができない。
*     相手の思いを感じ取ることが苦手。
*     自分に自信を持てない。
*     未経験の活動になかなか取り組めない。
*     自分の世界だけに固執する。
*     などなど

「なんだ。これなら普通に学校へ通っている子にも共通しているじゃないか。」
と思われるかもしれません。でもそれらを自分の中で昇華できる子もいれば、できない子もいるのです。人それぞれです。

つばさ学級では、学校へ復帰することを考え、学力を向上させることも重要な課題と押さえていますが、それ以上にそれぞれの心の成長をどう支援するのかが、とっても大きな課題です。
日常的には、教科学習をしたり、トランプ、オセロ等のゲームを指導員と一緒にしたり、通級生同士でのカードゲームで友達との関係を学んだり、みんなで調理をし、楽しく食べたり、卓球をしたりしています。どの活動もそれ自体を目的化せず、一人ひとりの心をどう育てるのかを中心課題と考えています。

また、最低月一回は籍のある学校の先生達との話し合いの場を持ち、保護者とも常に連携をしながら指導に当たっています。

今は少し立ち止まり、一休みしている状態かもしれませんが、それでも子ども達は日々悩みながらも、成長をし続けています。

 

                                                         ☆

稚内市のSSWの活躍

imagekamome
撮影:立花冨美雄

 

 昨年度のSSWの活動でわかったことは、悲鳴を上げている子どもや家庭の多さと、こうした子どもや家庭を支援する先生の大活躍でした。
そして、子どもたちの発信を事前に受け止めることができるなら、重度化を防ぐことが可能だということです。
また、万が一、重大な事態に直面したときに『関係機関との連携』を強め、迅速な対応で解決することも可能だということです。 

 稚内で活躍するSSWは、『つなぐ』『ささえる』『つくる』を目標にがんばっています。
全国各地でも、340地域・944名が活躍しているそうですが、稚内のような巡回システムで連携し、大活躍している地域は聞いたことがありません。とてもうれしいことです。
それだけに二人のSSWに対する学校現場の応援のメッセージが、一年間の活躍の激励になると考え、各学校の教頭先生にあらためて玉稿をお願いしました。

どの教頭先生も忙しいにもかかわらず、快く了解してくださり、温かい激励が寄せられました。
早速、教育相談所所報にしてSSW特集を発行しました。
とても素敵なパンフレットになりました。

本当にありがとうございました。

 

         

H24 新学期

12vagq2xy40o8

稚内の街は、まだまだ雪が残っている。
こんな年は珍しい。
それでも、時は刻み続けている。

稚内市長が被災地の瓦礫引き受けを表明した。
被災地の子どもたちを勇気付ける同胞愛だ。

このことと放射能汚染から子どもを守ることとを統一することは当然である。
そのためには、『放射能を拡散させない』国の政策を全国民でつくりあげることである。

地震大国日本、そこに生きる子どもたちを大人たちがどう守り、どう励ますか。
日本中の大人たちの言動が試されている。
教育のあり方が問われる平成24年度ではないだろうか。