東地区子育ての集い

東地区

10月26日(金)夜7時より、東小学校体育館に於いて「東地区子育て交流のつどい」が開催された。各町内会の役員さん、民生児童委員さん、東3校のPTAの方々、そして教職員の方々、来賓として教育委員会より教育長さんをはじめ5名の参加を含めて、総勢128名のつどいでした。

 この「つどい」のねらいは三つです。

①  東地区の子育てに関わる者が膝を交えて交流することを通して、学校・家   庭・地域の一層の連携を図り「地域ぐるみ」の協力体制を一層発展させる。

②  子育て運動を進める地域での語り合い学び合いの場とし、地域社会が積極的に様々な側面から子どもを支援できるよう学習し合う。

③  本会合に出席される「黄色い帽子」「子ども110番の家」等のスクールガード協力者の方々に対する日常の献身への感謝の意を表すとともに、関係者ぐるみ地域ぐるみの児童生徒の安全確保のための行動実践を誓い合う。

 

 適応指導教室から課題提起を行い、それに基づき25の小グループに分かれて話し合いを持ちました。それには来賓の皆さんも一緒に加わってくれました。どのグループも和気藹々の雰囲気の中で話し合いが進みます。スクールガードの方の子どもとの関わりの話、孫の子育てを見ていて、自分の子育てを反省している方、学校の先生方の悩み等々いろいろなグループを渡り歩きながら話を聴いていた私ですが、稚内市の子育て運動の確かな力を感じました。

 学校・家庭・地域そして行政が一緒になって子育ての話し合いをし、「オール稚内」の力で子育てを進めていこうとする姿がとっても印象的でした。

 

 この「つどい」を準備された東地区子育て連協の役員の皆さん、本当にすばらしい会をありがとうございました。 

                    (稚内市適応指導教室 室長 加藤 良平)

          

             

いじめの『早期発見』!?

imagemomiji

  

学校現場と『文部科学省』の対応方針がかみ合っていないことがある。
いじめ問題がそれだ。

いじめは教育問題であると同時に社会問題である。
悲しいかな日本では、家庭・学校・地域のあらゆるところで起きている。
その根源は、『大人社会の不平等さ』や『困っている人を支援する社会制度や政治の貧しさ』が起因している。

子どもは大人社会の『矛盾』を反映して育つ。
子どもが学校に通う限り、大人社会の『いじめ』要素は持ち込まれる。

だから学校の方針は、『いじめの芽』を摘み取ることに全力を挙げなければならない。
「『いじめの芽』はあります。」とはっきり認めて、訴えることだ。
そして「『いじめの芽』を摘み取るために力を貸して下さい」と子ども、親、地域に呼びかけることが可能となる。
この二点が学校現場の方針になれば、学校の取り組みは力あわせが生まれて豊かになる。

『大事件』になる前の『早期発見』は、法制的見地からは当然といえる。
しかし、教育的見地からは『いじめの芽をみんなで摘み取ろう』と呼びかけて元気と明るさが生まれる。

『自殺事件』が起きてから、「いじめかどうかわからない。調査しています」は、誰が考えても『大人のずるさ』がちらつく。