子ども支援コーディネーターの顔

 

imageB
第一回教育相談スタッフ会議より (平成25年4月16日)

 

稚内には『子ども支援指針』があります。
子ども支援指針には「サポート」の重要性が書かれてあり、全市的にはコーディネーターがお世話するようになっています。

今年の顔ぶれを紹介します。
それがこの写真。
16名のスタッフです。(1名欠席のために15名写真になり残念!)

各学校には、校区内ネットワークがあり、校内のコーディネーターが活躍されています。
同じように稚内全体のコーディネーターも活躍したいと思います。

16名のコーディネーターは、情報の共有と厳格な情報管理のなかで、子ども支援のサポートチームをつくって活躍しています。
気楽に声をかけてくださいね。

 

        

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください